<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 久々すぎるバトン★☆★ | main | ここに振り分けていいものやら・・・(笑) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
VitaminX いくぜっトキメキ★フルバーストに行ってきました。
実はミクシで九影先生コミュまで持っているのに運のなさで昼の部のチケットを買えず、
けれどなんとか本当にギリギリで夜の部のチケットを手に入れることができました。
そんな中にあいさんと共にドキドキしながら日本青年館へ。
電車の経路さえ調べてこなかったとんでもない奴がたどり着けたのは、
ひとえに素晴らしきにあいさんのお陰です(爆)
2人でわくわくドキドキしながら電車に揺られて駅へ到着。
夜の部なのにグッズほしさに昼の部始まる前に着きました。
そのコンビニさえロクに見あたらない場所に呆然としつつパンフを求めて日本青年館へ。
日本青年館はパスコレの初めてのイベントに参加した思い出深い地です。
そんな思い出深い地に辿り着くとグッズ列は半端ないことになってました・・。
それでもなんとか立ち直り列に並びます。
まぁ長いの不安なの雨降ってるのって切ない状況でしたが、
D3さんパンフだけは大量に仕入れていたらしくなんとかパンフ購入。
そしてテンション上がってプロマイドも購入しました。
ほくほく顔で駅まで戻り、駅にあった適当なとこに入ります。
グッズとかちょろっと確認したんですけど、
プロマイドは本当に写真みたいな裏になってて凝ってんなぁと思いました。
パンフも卒業をイメージしてて絶妙だったし。
D3って本当趣味いいんだからもっと自信もって大量生産してもいいと思う。
それからにあいさんと2人であまりにあまった時間をつぶし、また会場へ。
ぐだぐだしてる間に開場、そして開演。
あぁ、なんか序章長くてすみませんorz

そしてここからなんか今更ですが、
やっと書く気力がでてきたのでレポしたいと思います。
けれどこうして文章に起こすの久しぶりだしとんでもなく偏った感想なので、
あまり見ても楽しくないかも・・・(後ろ向きじれっ隊)
それでも読むよ!!と言ってくださる、
思わず友達になってください!!と伝えたいあなた様は下をクリックどうぞ(爆)
+オープニング+
鈴木達央さんと小野大輔さんコンビ登場。
グラサン掛けててめっさ笑った!!
そしてごめんなさい・・・岸尾氏を思い出しました(爆)
あの人いっつもイベントで変なグラサンとか眼鏡かけるから!!(涙)
「長く喋っていると和彦さんに怒られる」発言に萌えたwww
取りあえず興奮気味に2人を見守っていると、
やはり最初は「放課後エデン」!!
夜の部だからかめちゃめちゃ2人楽しげに遊んでましたvvv
もうアドリブ入れまくりでこれからの展開がすごく楽しみに!!
一緒にできる振り付けは簡単で楽しめたし、
2人がすごく楽しそうだったのが好感持てました。

+朝礼HR+
まず初めに生落研コンビにめっさテンションアップ!!
織田さんがすごく緊張している様がまた良しvvv
すぐにB6が皆入って来たのですが、
小野さんめっさ弁当食ってるwww
鳥海さんは新聞読んでるし、吉野くんはチュッパチャップスが可愛すぎた!!
菅沼くんは寝る体制がすごく苦しそうで早く起きて!!とやきもきちゃいました。
そして私の中で一番の問題点。

岸尾氏・・・・・・・(爆)

いえやるとは思ってたんですよ、女装。
あの岸尾氏が女装しないわけないと思ってたのですが、
ゴロちゃんの欠片もねぇ!!!!!!(爆)
なんだか休日のギャルみたいな格好でした。けど嬉しい自分馬鹿ッ(酷)
皆それぞれ前にでて自己紹介してたのですが、
小野さんがいない間に勝手に弁当を食い、
鳥海さんにあーんしてあげた岸尾氏には無条件で悶えました。
あ、あと鳥海さんと吉野くんが額付き合わせてんのもやばかった!!
すみません、STA☆MEN大好きなんです・・orz
吉野くんがM字開脚していた時に、
この上もなく悶えていたにあいさんの姿は一生忘れません^^(爆)

+愛の課外授業+
真田先生、二階堂先生、鳳先生、銀児先生の順番でした。
後半2人はやっぱりネオロマで慣れてるなぁという感じかな。
取りあえずスクリーンに映されたキスマークの枠はいらない。
ギャグになっちゃったし気になって集中できなかった・・・。
織田さんは中でもすごく初々しくて、それがまた二階堂先生らしくてよかったですvvv

+聖帝祭演劇+
題名は「青春ブラザーズ 俺たちに明日はない」。
皆が演劇を披露してくれるって設定だったのだけど、
織田さんのマイクだけ小さくて声が全然聞こえてこなくて萎えた。
お願いだからそうゆうところは調節してくだせぇ;;
先ほどT6のメンバーが愛のメッセージを言ってくれましたが、
劇中でB6も言ってくれました。
岸尾氏絶対ギャグだろうなぁと思ったら案の定そうでちょっと悲しかった。
いや楽しんでるのも伝わってきましたけどね!!
シリアスに愛のメッセージも偶には聞きたいんですよ・・・
ゴロちゃんだからないとは思ったけどね;;
だけど劇の内容は、B6仲良しだなぁっていうのが伝わってきてすごくよかった。
ゲームやってる人には嬉しいものでしたvvv

+LOVE or STUDYコーナー+
出演者さん達がお題に沿ったトークをして、
お客さん達が会場に入る時に配られた赤と青の下敷きで、
おもしろかったか判断する参加型のコーナーでした。
司会は井上さんと杉田さん!!
なんか久しぶりにこうゆうのやったから嬉しかったvvv
前はネオロマもやったよなぁとか思ったり。
織田さんの羊役をやった時の鳴き声はめっさ可愛かった!!
本当織田さんはイベント慣れしてなくてそこがまたいい^^
岸尾氏はぬいぐるみに声をかけるという話。
井上さんのナイスすぎるフリで杉田さんが臨時のぬいぐるみにwww
岸尾さんと杉田さんの掛け合いめっちゃ嬉しかったー!!
吉野くんは飲みに行くとまずデザート頼むという可愛い発言。
STA☆MENメンバーはそうですみないな話がすごくツボッた。
STA☆MEN皆可愛すぎるよおい!!!!!!
鳥海さんはアンコウの解体を再現。勿論アンコウ役は杉田さんでしたwww
井上さんはマサルさんネタとか美味しんぼネタとか豊富でした。
そして皆喜びすぎwww大好きなんだな本当。
仲良しな感じがまた嬉しかったですvvv

+新作紹介+
息子絶対育てるよー!!!!!!!
CM観てやる気が倍増しました。
それにしても本当絵が好みなんですがvvv
vitaminXもDS化らしいですが、追加シナリオとか入れてくれないかな・・・。
是非是非T6をピックアップしてほしいいいいいいいいいいいい!!!!!

+ライブ+
「純情デカダンス」by七瀬瞬
最初はやっぱりこの人っスかー!!
バンドマン設定だしくるかと思ったけどやはりvvv
普通にかっこよくてビビッた。
鳥海さんは見せ方がうまいからすごく安心して聴けた。
最後に次の吉野くんのことを親友って表現してて、
すごくすごく嬉しい気持ちになりました。

「青春ダイナマイト」by仙道清春
鳥海さんからのメッセージに照れくさそうにしつつも、
答えていた吉野くんが印象的でしたvvv
お客さん皆での「ツッパリ!」と「ゾッコン!」の掛け声は楽しかったですvvv
一体感味わえてよかったー。
しかし本当吉野くんはすごい清春でした。
動きとか台詞回しとか一番役に入ってた。
歌詞めっちゃ飛んでたけどwww

「硝子の幻想アモーレ」by斑目瑞希
めっちゃハイテンションな感じで笑ったwww
薔薇投げてて1階席の人すごく羨ましかったー!!
手拍子でまた一体感味わえて嬉しかったですvvv

「放課後ジャーマンスープレックス」by風門寺悟郎
すんごい岸尾氏頑張ってたー!!!!!!
歌いにくそうな曲だし体力いるだろうなと思ってたけど、
ちゃんと歌いきっててプロだなぁと思いました。惚れ直したよ!!
全力疾走してた姿にファンやっててよかったって思った。

「Shooting star」by翼&一
2人が歌いながら舞台下りていて、正直嫉妬と悲しさで2階席で泣きました。
すごくすごく悔しくて、なんで私はあの場にいれないんだと思って。
けど泣きながら2人の曲聴いていたら、なんかそんなのどうでもよくなった。
いや正直悔しいけど、でもこの場にいれること自体がすごく幸運なことだよなと。
今度は嬉しくて幸せで涙がでました。
それだけの効力を2人の歌声は持っていましたよ。

+エンディング+
長いようで短かったイベントもこれで終了。
皆1人1人のコメントを聞き、幕がしまりました。
必死に岸尾氏の名前を叫びながらそれを見送り、勿論アンコール。
一回幕が開いて皆挨拶してくれて、
もう一回ぐらいアンコールあるかなと思ったのですがなかった;;
個人的には皆で大合唱とかして欲しかったなぁ。
けど時間もおしてたし素晴らしい舞台だったから満足です。
兎に角本当に本当に幸せでした!!

ここまで長い文章読んでくれた方がもしいましたら、本当にありがとうございます。
そしてお疲れ様でございましたvvv
イベントのDVDは当然の如く発売の模様。
今からその日が楽しみでなりませんよvvv
| comments(0) | trackbacks(0) | イベント |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://kanzakityo.jugem.jp/trackback/65
トラックバック